HOME

お墓・墓地に関する法律

お墓に関するいろいろな手続きを法律上どうしたらいいのかを説明いたします。
@お墓を建てたので、田舎から遺骨をもってくるには?
   改葬許可書という市町村長の許可が必要となります。市町村によって申請用紙の様式が
   異なるのですが、記入欄には移す先祖の本籍地、住所、名前、火葬埋葬の場所、性別、
   申請者との続柄、申請者の住所氏名などの項目が一般的です。
   各項目を記入後、田舎の納骨している墓地や納骨堂の管理者の「確かに管理地に遺骨を
   収蔵していました」という証明してもらう項目があります。

   すべて記入が完了したら、必ず改葬前(この場合、田舎となります)の役所で許可申請手続き
   を行います。

   改葬許可書ができれば、その書類を新しい墓地や納骨堂の管理者に提出すれば完了です。
   
A 墓地を売ってはもらえないの?
墓地は簡単に言うと“永代(墓地使用者がいる限り)に亘って使用可能の地”というものです。
貸すのはその墓地の管理者(法人や組合)、借りるのはお墓の持ち主ということです。

売買はできないものなのです。使用者(司祭者)の継続が困難になれば、墓地管理者に返還
しなくてはなりません。

昔は売買していたようですが、いくら登記しようとしても、墓地としては出来ません。
B墓地の使用代表者が亡くなった。どうしたらいいの?
いままでの墓地使用者のお父さんが亡くなって、その奥さんや子供に名義を変えないといけません。
墓地は承継手続きというものがあります。

墓地も財産のようなものなので、権利のある方に承継いたします。

場合によっては現使用代表者と承継者との関係を証明するもの(戸籍抄本・謄本)が必要な場合が
あります。
C自分の所有地内にお墓を建てたいのですが?
墓地というものは登記上の地目が墳墓地となっていても、国からの墓地としての認可がない限り
お墓は新しく建てることができません。

国への認可申請が必ず必要であり、無許可の墓地に建てると、取り消し命令が出ることもあります
のでご注意。